<< 美濃まつり 作業場はもう春 花みこしの花染め最盛期(毎日新聞) | main | 脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話−警視庁(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


インフル行動計画検証へ 強毒性への備え構築(産経新聞)

 長妻昭厚生労働相は2日、弱毒性とされる今回の新型インフルエンザに対して講じた対策の検証を行い、強毒性の新型インフルが発生した場合の対策を新たに検討する方針を明らかにした。長妻厚労相は「今回の新型インフルで見えた課題を検証し、備えを構築したい」としている。

 現在の行動計画は、平成15年ごろから東南アジアなどで強毒性の鳥インフル(H5N1)に人が感染し、死亡するケースが相次いだことから、鳥インフルが強毒性の新型インフルに変異することを想定し、17年に策定された。

 行動計画は新型インフルが発生した場合、飛行機内で検疫を行うことや、外出・集会の自粛などを規定し、感染拡大防止のため、国民の行動を大きく制限する内容となっている。

 厚労省は今回の新型インフルで取られた機内検疫や医療体制を検証し、新たな対策につなげる方針。

【関連記事】
第一三共、初の純国産インフル治療薬を承認申請
新型インフル 国産ワクチン接種後に女性死亡
京産大と大阪府立大連携、鳥インフルや食の安全で
新型インフル感染で報告、自宅待機は中小企業の4割
予防接種法の臨時接種 弱毒性の枠組み設置へ

<沖縄連絡室>内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化(毎日新聞)
出勤簿のトラブルで同僚殴る 容疑の男逮捕 秩父(産経新聞)
丸ノ内線運転見合わせ…ホームドアにトラブル(読売新聞)
「真っ赤な血の海があって…」声を震わせる証人(産経新聞)
<普天間移設>「覚悟持ち5月までに」首相(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • 04:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
リンク
ショッピング枠現金化
債務整理
ライブチャット
サイドビジネス
借金整理
現金化
審査 甘い キャッシング
債務整理 無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM